前へ
次へ

レンタル携帯を使用する前の注意点

レンタル携帯は非常に便利ですし、誰でも簡単に契約をすることができるので、多くの人に利用されている傾向がありますが、契約をした段階でしっかりと確認をしないと、自分が考えてもみなかったようなお金を支払わなくてはならないケースもあるので十分に注意をするようにしましょう。
どんなケースがあるのかと言いますと、自分が破損をさせたわけでは無いのに、自分が責任を負わなくてはならないなどの場合になります。
たくさんの人が利用しているレンタル携帯は、自分が契約をして手渡された段階で破損をしているなどの場合があります。
その部分をしっかりと確認しないままで使用してしまうと返却をする際に、自分が破損させたわけではない場所を破損させたことにされてしまい、修理費用を請求されてしまう状況になってしまいます。
リーズナブルで使用することができるレンタル携帯ですが、修理費用が非常に高額な部分もあるので、手渡された段階ですぐに確認をするようにしましょう。
ビジネス用にレンタル携帯を契約する人の場合は、プライベート用の携帯電話を所有しているはずです。
自分が破損させてしまったと疑われないように、自分が持っているプライベート用の携帯電話で、手渡された本体の写真をすぐに撮影するようにしましょう。
そうすることによって返却の際に疑われた場合の証拠を出すことができ、自分が修理費用を負担しなくても良い状況になります。
また自分の目で確認をして、明らかに破損をしているなどの場合は、使用してからレンタル携帯を契約させてくれる場所の従業員に話をするのではなく、使用する前に破損箇所があることを伝えるようにしましょう。
お互いがしっかりと確認をすることができれば、その時点で自分が破損をさせたことにはならないので、返却時に修理費用を請求されてしまうことを避けられます。
すぐに使用をすることができるので、確認をしないまま使用してしまう人が非常に多くいますが、返却しなくてはならないレンタル携帯だからこそ、必ず確認をすると覚えておくようにしましょう。

Page Top